『茹でないそうめん』のやり方を解説!SNSでバズッてたけど本当に美味しいの?

ライフスタイル
スポンサーリンク

こんにちは、編集部のカルロスです。以前、とうもろこしをフライパンで美味しく茹でる方法をお伝えしましたが、夏の風物詩をフライパンで美味しく味わう方法の第二弾として、SNSで話題になったフライパンを使った「茹でないそうめん」の作り方を紹介します。今回は一般的な作り方で作ったそうめんとの比較も行い、筆者独自の見解を加えてお伝えします。

スポンサーリンク

『茹でないそうめん』は蕎麦屋のおばあちゃんが紹介

そうめんを茹でずに作る方法は、香川県で蕎麦屋さん「田舎そば川原」を営む川原恵美子さんがYoutubeで紹介し、それを名古屋めし専門料理研究家のSwindさんがアレンジを加えた、そうめんは熱湯で茹でずに、お湯に浸しておくという作り方で、「麺にコシが出ておいしい」「時間が経っても麺がくっつかない」など、ネットで話題になり、テレビ番組でも取り上げられました。

『茹でないそうめん』の作り方

用意する材料は「そうめん」だけです。束になっている商品もありますが、今回は束になっていないものでしたので、2人前(200g)を量りました。

①深めのフライパンを用意して、それに水を入れ沸騰させます。
 水の量はそうめん100gに対して500~600mlが目安です。今回は200g作ったので1200mlの水を入れました。

②沸騰したお湯にそうめんを入れ、約10秒かき混ぜたら火を止め、蓋をして5分間放置します。
 火を止めているので吹きこぼれる心配がありません。この間に他の準備ができますし、ガス代の節約にもなりますね。

5分間放置した後の状態です。

⑤5分たったら蓋を取り、そうめんをざるに移して水でそうめんのぬめりを取り、その後で氷水で冷やします。

⑥よく水を切って、ざるやお皿に盛り付けたら完成です。
 お好みでめんつゆに薬味などを入れてお召し上がりください。

実食リポ ~普通に茹でたそうめんとの比較~

「茹でないそうめん」と「普通に茹でたそうめん」を食べ比べてみました。
筆者独自の感想をお伝えします。
一番驚いたことは、同じそうめんを使っても、茹で方一つで全く別ものになるということでした。

【茹でないそうめん】 - くっつかない、つるっとしたのど越し!

①麺がつるんと仕上がり、麺と麵がくっつくこともなく、つるっとした喉越しが味わえる
②麺はもちもちとした食感で、コシはあまり感じない
③麺が麺つゆを程よく吸い込んで、麺と麺つゆのバランス良い味を楽しめる

【普通に茹でたそうめん】 - コシと歯ごたえが良い!

①麺にコシがあり、麺の歯ごたえを楽しめる。
②茹でないそうめんよりも、麺つゆを吸収しないので、そうめん自体の味が味わえる

結論としては、どちらにも長所があってどちらも美味しいという結果でした。あいまいな食リポですみません。敢えて言うとしたら、筆者はのど越しの良さで茹でないそうめんの方が僅差で上というところです。今回の撮影に協力してくれた方は、のど越しよりも麺にコシがある方が好きという理由で、普通の茹で方の方が好みだそうです。
のど越しを味わいたい方は「茹でないそうめん」、麺にコシが欲しい方は「普通に茹でるそうめん」と好みによって作り方を分けてみるのも楽しいですね。

補足ですが、SNS上で書かれている茹でないそうめんは「時間が経っても麺がくっつかない」の検証として、茹でないそうめんを2時間程度冷蔵庫で冷やしてみました。確かに麺はくっついていませんでしたが、麺のコシがますます弱くなり、少しぼそぼそとした食感になりました。保存もいいですが、やっぱり作り立てが一番おいしく食べられますね。

さいごに

いかがでしたでしょうか。今回は茹でないそうめんの作り方を紹介しました。一見簡単に作れると思っていたそうめんですが、作り方で全く異なる味わいになるということに料理の奥深さを感じました(お湯で茹でただけですが。。。)。茹でても茹でなくても美味しいそうめん、美味しく夏を感じていただき、猛暑を乗り切っていただければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました