『Destiny』 最終話(第9話) 奏が最後に言った言葉は? あらすじ・相関図・まとめ

エンタメ
スポンサーリンク

こんにちは、こみみに編集部のカルロスです。
ドラマ『Destiny』、第8話では野木家を放火したのが、元総理・東忠男の秘書である秋葉洋二であることが判明し、奏の父・英介が自殺する要因となった”環境エネルギー汚職事件”と放火が関係していることを奏が気づきました。

そして最終回、全ての真実が明らかになったのか?奏と真樹の運命は・・・?

※本記事はネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。

引用元:Destiny 公式サイト
スポンサーリンク

最終話(第9話)

浩一郎の告白

入院している浩一郎(仲村トオルさん)の元に駆け付けた奏。
浩一郎の家を放火したのも、20年前の”環境エネルギー汚職事件”で国会議員である東正一郎(馬場徹さん)を無罪に導いたのも、元総理で正一郎の父・東忠男(伊武雅刀さん)の秘書・秋葉洋二(川島潤哉さん)であり、二つの事件は無関係ではなく、”浩一郎だけが知っていることがあるはずだ”と問い詰めます。

これを聞いた浩一郎は、ついに20年前について重い口を開きます。

《浩一郎の告白》
20年前、浩一郎は東忠男から呼び出され、”環境エネルギー汚職事件”で逮捕された正太郎は、検察の証拠捏造による冤罪であり、助けて欲しいと懇願された。

「検察の不正が事実であれば許せない」と裁判に臨み、正太郎の無罪を勝ち取るが、裁判が終わった後で、この裁判が全て忠男が仕組んでいたことを知った。
忠男側が偽の証拠を検察に掴ませ、それを裁判で英介(佐々木蔵之介さん)に追求させられた。

引用元:TVer

この裁判で名を上げていった頃、カオリ(田中みな実さん)が訪れた。
カオリは”環境エネルギー汚職事件”の裁判の不自然さを指摘し、「真樹と奏が付き合っていいのか?」と訴えるが相手にしなかった。
その直後、カオリが事故で亡くなってしまった。

そして、真樹も”環境エネルギー汚職事件”のことを調べ始めた頃、秋葉に口封じのために現れます。
そして放火が起きた。
ただ、幸か不幸か一命を取り留めた。

全てを話し終えた浩一郎は奏に、「戦うと言うのなら、全てを掛けて協力する」と言うのでした。

引用元:TVer

環境エネルギー汚職事件と放火事件の真相

奏が大畑(高畑淳子さん)に浩一郎の証言内容を報告すると、大畑は放火と環境エネルギー汚職事件を繋ぐもう一つの証拠として、事務官の加地(曽田陵介さん)と秋葉が繋がっていたことを奏に伝えます。
加地はお金に釣られて、秋葉に奏の行動を逐一報告させていたのでした。

秋葉の”環境エネルギー汚職事件”への関与を調べていた奏は、押収品の中から、裁判の時に検察が不正に利用したとされる”捏造メール”の画像に写っていたガラケーを見つけます。
ガラケー内のデータは全て消去されており、中身を確認することはできませんでしたが、使っていないはずの携帯電話なのに利用料金を払っていることが判明しました。

引用元:TVer

そして、秋葉の放火での取り調べ。
放火を否認する秋葉に、奏は押収したガラケーのデータ保存サービスに”捏造メール”と同じ文面が残っていたことを指摘し、忠男に命じられてメールを捏造したのではないか?、そして放火も忠男の命令で犯したのではないかと問いただします。

秋葉は「自分の身を守るために残しておいたデータが、自分の首を絞めた」と笑いながら言うのでした。

引用元:TVer

真樹の手術

取り調べと同じころ、真樹は貴志(安藤政信さん)の執刀で手術を受けていました。
秋葉の聴取を終えて病院に駆け付けた奏に、貴志は手術が成功したことを伝えます。

真樹が目を覚ますと、目の前には奏が。
真樹は生きていることに涙し、奏の手を握りしめるのでした。

引用元:TVer

英介の身の潔白が証明

秋葉は現住建造物等放火と殺人未遂で起訴され、忠男はその教唆で逮捕されました。

大畑は記者会見で、”環境エネルギー汚職事件”で、英介(佐々木蔵之介さん)が”捏造メール”で正太郎を起訴した事実、取り調べで暴行や自白の強要を行った事実、共に無かったことを公表します。
20年の時を経て、英介の名誉が回復された瞬間でした。

奏と真樹の運命

カオリのお墓に来た奏、真樹、知美(宮澤エマさん)、祐希(矢本悠馬さん)。
お墓詣りを終えた4人は信濃大学を訪れ、思い出話に花を咲かせます。

横浜に戻った真樹と奏。
「さよなら」と言う奏に、真樹は「わかった」と答えます。

「絶対に振り返ってはいけない」「二人は出会ってはいけない運命」と真樹の元を離れていく奏。
しかし、奏は立ち止まって振り返ってしまいます。
そこには奏を見つめる真樹が。

引用元:TVer

真樹の笑顔を見た奏は、真樹に向かって何かを叫び駆け出しました。

引用元:TVer

相関図

引用元:Destiny 公式サイト

※画像をタップすると拡大できます。

物語を時系列で整理

ストーリーが全話通じて前後しましたので、奏の視点で時系列で整理しました。

  • 2004年
    中学3年
    “環境エネルギー汚職事件”の裁判で、奏の父・英介が容疑者で国会議員・東正太郎の弁護をしていた浩一郎に不正を追及され失脚、後に英介は自殺

    捏造メールは、東正太郎の父で元総理の東忠男が、秘書の秋葉に命じて検察に送った

  • 2010年
    大学2年
    信濃大学で真樹と出逢う

    真樹からカンニングを頼まれ、一つめの罪を犯す

  • 2012年
    大学4年
    カオリが車の運転中に事故死
    車に同乗していた真樹は姿を消す

    事故の直前、カオリは浩一郎の元を訪れ「環境エネルギー汚職事件の関係者である二人が付き合ってはいけない」と言うが、浩一郎に相手にされなかった

  • ロースクールの試験に落ちて失意の中、貴志と出会う

  • 2017年
    司法試験に合格した年、貴志と偶然再会

    1年後、貴志を付き合い始める

  • 2024年
    カオリの13回忌の日に、真樹と再会する

    真樹は失踪中にガンに犯されていた

  • 真樹と英介が残したボイスレコーダーを聞いている時に、真樹が倒れ、ガンであることを知る

    ボイスレコーダーの中身は、”環境エネルギー汚職事件”裁判において、自らの身の潔白を告白する内容だった

  • 浩一郎の家が秋葉によって放火され、真樹は自分が放火したと警察に言い逮捕される

    真樹は祐希が放火したものと勘違いし、身代わりとなった

  • 取り調べ中に倒れて入院している真樹と長野に逃亡

    “容疑者と検事が逃亡”と、二つ目の罪を犯す
    真樹と行動を共にしていたことを知った貴志が、奏との別れを切り出す

  • 放火犯が秋葉であることが判明し、真樹が釈放される

    秋葉が東忠男の秘書であることから、放火と環境エネルギー汚職事件が関係していることに気づく

  • 浩一郎の証言によって秋葉、東忠男が逮捕

    “環境エネルギー汚職事件”裁判で、英介に不正はなかったことが判明し、英介の身の潔白が証明される

  • 真樹の手術が成功
  • 真樹との関係は???

奏は最後に言った言葉は?

ドラマの最後、真樹の前から立ち去った奏、立ち止まって振り返り、何かを言いながら駆け出すところでドラマは終わりました。

奏は「何と言ったのか?」「どこに向かって駆け出したのか?」気になりますよね。
その答えは、TELASAで配信されているSPエディションでわかります。

最終話SPエディションはこちら

本当のエンディングは下の”まとめ”に書いています。
見たくない、知りたくないという方はご注意ください。

まとめ

ドラマの未公開シーン。
奏は、「まさきー!」と叫び真樹の元に走っていきます。
そして2人は抱き合う、という終わり方でした。

多少謎が残ってはいるものの大部分が回収され、ハッピーエンドな結末となりましたね。
(貴志派にはバッドエンドかもしれませんが・・・)
いろいろと謎が深まり、どうなって行くのか?と途中不安になりましたが、ドキドキハラハラと楽しく見ることが出来ました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました