『ブラックペアン シーズン2』 第1話の振り返りと気になるポイント 手術で流れたクラシックも悪魔!

エンタメ
スポンサーリンク

こんにちは、こみみに編集部のカルロスです。
日曜劇場『ブラックペアン シーズン2』がスタートしました。

今作は、シーズン1で「手術室の悪魔」と呼ばれた渡海が去ってから6年後の東城大学医学部付属病院が舞台。
前作では渡海を演じた二宮和也さんが、シーズン2では「ディアブル(フランス語で”悪魔”の意味)」と呼ばれる天才外科医・天城雪彦を演じることでも話題になっていますね。

オーストラリアで世良が会ったのは、渡海と瓜二つの天城行彦。
天城も渡海同様に悪魔の外科医で、賭けに勝たないと手術をしてもらえません。
心臓に疾患を患っているチェ・ジウさん演じるソヒョンは、天城に手術してもらえるのでしょうか?

第1話を振り返ってみました。

※本記事はネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。

引用元:『ブラックペアン シーズン2』 公式サイト
スポンサーリンク

第1話

6年後の東城大学医学部付属病院

渡海が東城大学医学部付属病院を去って6年。
研修医だった世良(竹内涼真)は心臓血管外科医となっていた。

病院長となった佐伯清剛(内野聖陽)は、全日本医学会会長の座を狙っていた。
そして、心臓外科に特化した新病院”桜宮心臓外科センター”の開業プロジェクトを進めていた。

佐伯は世良に、「オーストラリアの学会に出席して、天城雪彦という医師に渡すように」と指示を受け、一通の手紙を預かる。

引用元:TVer

ディアブル(悪魔)

垣谷(内村遥)と渡豪した世良はゴールドコーストのビーチで、少年が意識を失っている状況に出くわし応急処置を行うことになる。
なかなか意識の戻らない少年に戸惑う垣谷の前に、謎の男が現れる。
男のアドバイスで、少年は一命を取り留めることができた。

引用元:TVer

その後、世良は垣谷と学会に出席し、天城と接触しようとするが、天城が学会をドタキャンしたため会うことが出来なかった。
そこで佐伯の指示で世良は天城の勤務先に向かうと、天城には会えなかったが、天城を探しているというパク・ソヒョン(チェ・ジウ)と、息子で韓国の研修医であるミンジェ(キム・ムジュン)とであう。
ソヒョンは虚血性心筋症を患っており、天城の手術を受けさせるために渡豪してきたのだった。

引用元:TVer

「天城は競馬場にいる」ということを聞いた世良・垣谷・ミンジェは、競馬場に向かうと、そこにいたのはビーチで垣谷にアドバイスした、東城大を去った渡海と瓜二つの男。
この男が、ディアブル(フランス語で”悪魔”)と呼ばれる世界的天才外科医・天城雪彦(二宮和也)だった。
天城は、世良から渡された佐伯からの手紙を読むと、「日本には行かない」と佐伯の依頼を拒む。

引用元:TVer

ミンジェが天城に「ソヒョンの手術をして欲しい」と頼むと、天城はミンジェにカジノに来るように指示する。
天城は、「自分の手術を受けるには、全財産の半分を賭けて黒か赤か二者択一のルーレットに当たる必要がある」と言う。
ソヒョンは賭けに挑むが、外れてしまい手術は受けられなくなった。

引用元:TVer

天城の態度に「あなた医者じゃないよ、悪魔だ!」と怒る世良は、東城大でミンジェを救う方法を検討するよう佐伯に頼むが、良い方法にたどり着けないでいた。
そして、世良がミンジェと、ソヒョンが経営している韓国料理店で食事をしている頃、佐伯は治験コーディネーターの椎野(田中みな実)からある資料を受け取っていた。

引用元:TVer

ダイレクト アナストモーシス

高階(小泉幸太郎)が、未発表の「両側内胸動脈起始部閉塞」に関する論文を見つける。
執筆者であるモラン教授がオーストラリアにいることを知った世良は、彼の元を訪れ論文のことを尋ねると、モラン教授は論文を取り下げた理由が難しすぎたこと、その手術方法が「ダイレクト アナストモーシス」であったことを世良に告げる。

引用元:TVer

その後、天城の元を訪れた世良は、天城の手術に立ち会うことになる。
手術室にいたのはソヒョン。
ソヒョンは、生きて韓国に帰りたいという執念で、韓国料理店の権利書を差し出して再度賭けに挑戦し、賭けに勝ち、手術を受けられることになった。
そして、天城が行う「ダイレクト アナストモーシス」によってミンジェは助かる。

引用元:TVer

手術後、天城はミンジェに手術の成功と、店の経営権をコンサルタント会社に売却したことを伝える。
但し、1号店だけは赤字という理由で権利書をミンジェに返す。

天城と世良の賭け

手術に立ち会い、奇跡を目の当たりにした世良は、天城に「一緒に仕事をしてみたい」と伝える。
世良の指導医の名前を訪ねた天城は、「渡海征司郎」という名前を聞いて表情を変える。

引用元:TVer

場面は、佐伯と椎野の会食のシーンに戻る。
佐伯が椎野から受け取った資料は、高階が見つけたものと同じ未発表の論文で、論文には「Operataor:Yukihiko Amagi(執刀医:天城行彦)」と書かれてあった。
この論文は佐伯の指示で椎野がミンジェに送っていた。
ミンジェは天城にしかソヒョンを治せないことを知って、ソヒョンに二度目の賭けをさせたのであった。

引用元:TVer

再び、世良と天城。
天城は、賭けで世良が勝てば日本に行くと言う。
赤か黒かを選ぶルーレットに「10」を選ぶ世良、結果は赤でも黒でもなく「0(緑)」。
予想外の結果に天城は世良に興味を持ち、天城は日本行きを決める。

引用元:TVer

日本に行く時、佐伯からの手紙を空港のベンチに置いて飛行機に搭乗する天城。
手紙には「貴殿を桜宮心臓外科センターのセンター長に推挙する」と書かれていた。

引用元:TVer

相関図

引用元:『ブラックペアン シーズン2』 公式サイト

※画像をタップすると拡大できます。

第1話ゲスト

パク・ソヒョン/チェ・ジウ
韓国の医師で、ミンジェの母。
虚血性心筋症を患っていたが、天城との賭けに勝ち、「ダイレクト・アナストモーシス」手術を受けて助かる。

引用元:TVer

気になるポイント

天城と渡海は兄弟!?

・「渡海征司郎」の名前を聞いたときに表情を変えた
・空港のベンチに座っているときの回想で、子供通しが手を繋ぐ様子が映し出された。

天城が渡海を知っているのは確実な感じです。
2人が兄弟でだから顔が瓜二つ、なんてこともあるのかもしれません。

引用元:TVer

手術で流れたクラシックも”悪魔”!?

天城がソヒョンを手術するときに流れた、バイオリンのメロディー。
この曲は、
パガニーニ作曲:カプリース(奇想曲)24番
です。

パガニーニは、バイオリンの技術があまりにも凄く、人間業とは思えない超絶技巧で演奏していたことから、当時“悪魔に魂を売って、その代償にテクニックを得た”と噂された程のバイオリニストです。

自らを悪魔と言う”天城”、唯一彼しかできない手術のシーンで、悪魔に魂を売ったと言われるバイオリストの曲を使うことで、「ダイレクト アナストモーシス」の凄さを表現したんでしょうね。

@ayakoishikawatv
引用元:TVer

第2話予告

日テレドラマ公式チャンネル

まとめ

天城の”ディアブル”振りが炸裂した初回でした。

日本に来た天城が、東城大学医学部付属病院でどのような悪魔の顔を見せるのか?
そして渡海との関係は?

第2話以降の展開が楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました