Pollet(ポレット)で使わないものを現金化? フリマアプリ疲れのひとの時短ライフハック

ライフスタイル
スポンサーリンク

こんにちは、編集部のマーロウです。使わなくなったもの、捨てるにはもったいないなぁ、現金化できればうれしいなって時に、リサイクルショップへ持ち込みますか?オークションサービスやフリマアプリでやり取りしますか?そんな時間はないなぁという方に「Pollet(ポレット)」をおすすめします。

スポンサーリンク

Pollet(ポレット)とは何?

引用元:Pollet公式

Pollet(ポレット)には大きく3つのサービスがあります。(Pollet公式サイトはコチラ

使っていない「モノ」 → モノチャージ
・余ってしまった「外貨」や「商品券」 → 金券・外貨チャージ
・少額で使いようが無い「ポイント」 → ポイントチャージ

を手軽にキャッシュ化できるサービスです。

貯まったキャッシュは指定の銀行口座に出金することができるので、結果として不要だったものが現金化できるんです!(出金には手数料が必要です。後ほど説明します

今回はその中から、使っていない「モノ」をキャッシュ化する「モノチャージを説明していきます!

Pollet(ポレット)モノチャージで使っていないモノをキャッシュ化しよう

使わなくなったものの処分はどうしてますか?

「この美容家電、買ってはみたけど一回しか使ってないなぁ」
「ブランドの香水をもらったけど、香りが好みじゃなくて使わないなぁ」とか
「スマホ買い換えたけど、前のスマホってどうしよう」などなど、

もしかしたら「使えるかも」、もしかしたら「売れるかも」って思うものありますよね。

そんな時にどうせなら現金化できればうれしいなと思ったことありませんか?そんなときは、

✔ リサイクルショップに持ち込む!
✔ オークションサイトに出品する!
✔ フリマアプリに出品する!

時間と気力がある方はそれ自体が楽しいので良いと思います。

でも、シンプルに面倒だな…って思いませんか?

リサイクルショップに持ち込む → 平日は行けないし、せっかくの休みの日の時間を半日つぶす?

オークションサイトに出品する → 落札額が上がるか一喜一憂し、思うような金額じゃないとショックが・・・、さらに発送作業まで・・・、早く対応しなくちゃ「評価」が下がるし・・・

フリマアプリに出品する → 入札されるように写真や文章の工夫で時間がかかるし、値引き交渉で疲れるし、発送作業も・・・、こちらも速く対応しなくちゃ「評価」が・・・

そんな方に「まとめて、詰めて、渡すだけ」のPollet(ポレット)のモノチャージがピッタリなんです。

Pollet(ポレット)は「次回も使いたいと回答したユーザー 91.2%」という人気のサービスなんですよ!

注目!ジャニーズグッズだったら「推しトク」がイイ!

アイドルグッズは専門店でないと高価買取につながりづらいですよね。
公式ジャニーズグッズの「推し事やめ」、「担降り」、「断捨離」をお考えの方はコチラを参考に!

Pollet(ポレット)モノチャージをはじめる

Pollet(ポレット)アプリとWebサイトの両方ともありますが、ここではアプリの使用を前提にしますね。理由は単純に一番手軽だからです。

ザックリの流れはこうです↓

引用元:Pollet公式

めちゃくちゃ簡単ですね。自宅でスマホで完結するなんて楽すぎです。

アプリの登録方法

早速、アプリをダウンロードして登録してみましょう。

1. アプリ版のPollet(ポレット)  をインストールする

2. 新規会員登録ページにアクセスし、メールアドレス、SMSが届く携帯電話番号、会員情報を登録する

3. SMSで届いた認証番号を入力する

4. アプリ専用のパスコードを設定する

5. 会員登録完了

引用元:Pollet公式サイト

たった、これだけです。

SMS認証も一般的な二段階認証ですので簡単で安心ですね。

キャッシュを扱うので、アプリ用のパスコードはしっかり設定しておきましょう。

買取査定を申し込む

申し込みの流れです↓

引用元:Pollet公式

アプリ登録後にモノチャージを申し込むと、事前に集荷日時を設定するようになってます。

モノチャージする物品をあらかじめ選定しておいた方がいいですね。

申込時に、必要であれば段ボール箱(箱代も送料も無料)を送ってもらうことも可能になってます。これはうれしいですね。

※追加で段ボール箱を送ってもらうことはできませんので注意してください。もしも追加が必要な場合は、ご自分で用意していただくようです。気を付けましょう。

もしもご自分で箱を用意する場合は、マーカーなどで大きく「Pollet」と書きましょう。査定漏れを防ぐためです。

引用元:Pollet公式

詰める→配送業者に渡す→査定を待つ

段ボールが来たら、モノチャージする物品を箱に詰めましょう。もちろん自宅での作業です。

配送業者が来る日程時間は申込時に設定しているので、その時間に合わせて用意しましょう。

配送業者に引き渡したら、あとは査定の結果を待つだけです。

査定結果はアプリのPush通知で知らせてくれるので便利ですね。

査定結果を確認したら、アプリでチャージしてキャッシュ化が完了です。めちゃくちゃ楽ですね。

Pollet(ポレット)モノチャージでキャッシュを現金化するには?

モノチャージのやり方は、イメージできましたね。何度でも繰り返してアプリ内にキャッシュを貯めましょう。

貯まったキャッシュはアプリに登録した銀行口座に出金できます!これで現金化が完了です!たったこれだけです。

ただ、出金するには手数料がかかるので注意してください。

振込手数料は1回の申請あたり 200円

また、出金の金額制限もあります。

上限 : 1回 30,000円まで(月 300,000円まで)

下限 : 201円以上(手数料含む)

出金額は手数料込ということですね。頭に入れておきましょう。

Pollet(ポレット)よくある疑問・質問まとめ

公式サイトには「よくある質問」に丁寧にまとめられてますが、ここではモノチャージの使い方にまつわる「?」をピックアップし簡単解説してみました。

  • アプリしか対応していないの? → Webサイトもありますが、アプリの方が断然手軽です!
  • 年齢制限はある? → アプリ/会員登録には年齢制限がありませんが、モノチャージのご利用だけは18歳未満は申し込めません。写真付きの本人確認書類が必要です!
  • Pollet残高(キャッシュ)に有効期限はある? → あります。最終利用日の翌日から365日間利用しない場合に失効します。ここは注意が必要ですね。
  • 集荷前にキャンセルできる? → 集荷希望日の前日20:30までであれば、アプリからキャンセルできます。また、集荷日変更も同じくできます。
  • 査定結果を見てキャンセルできる? → 申込時に「査定金額を確認してから承諾」を選んでいる場合は、査定結果が出てから7日以内であればアプリからキャンセルできます。但し、返却送料(ユーザー負担)が発生します。なお、7日を超えると承諾されたものとして自動チャージされて、返却もできなくなります。十分理解してからモノチャージを利用しましょう。ちなみに申込時に「自動的に承諾」を選んでいる場合は、キャンセルはできません。
  • 一部アイテムだけ返送できる? → 残念ながらできないですね。査定額承諾前に全アイテムであれば返却可能ですが、返送費用はユーザー負担になってしまいます。こちらも十分理解してモノチャージを利用しましょう。
  • モノチャージは離島でも使える? → 沖縄・離島での利用はできません。アプリからの申し込み時に郵便番号でエラーになる地域は利用できないそうです。
  • 銀行口座出金はいつ入金される? → 基本的には出金申請をした週の翌週木曜日までに実施されます。入金完了のお知らせは毎週金曜日です。申請のタイミングなどでズレる場合もあるようなので、余裕をもって申請したいですね。

Pollet(ポレット)モノチャージで買取できるもの/できないもの

出そうと思っているアイテムを思い浮かべて、事前にチェックしておきましょう。

買取できるもの

引用元:Pollet公式

かなり広範囲のカテゴリをカバーしてのはうれしいですね。各々のカテゴリで注意があるので、詳しくはコチラの買取カテゴリをご覧ください。

筆者は古いLPレコードを出そうかと思ったのですが「JANコードがないもの」は買取ができないと記載されて断念しました。

買取できないもの

引用元:Pollet公式

常識的に判断してもらえれば大丈夫だと思います。

※ゴミは絶対ダメです。

そんな中「定価1,000円未満の雑貨・消耗品」は気を付けてくださいね。おまけのシールやカードなど他ではプレミア価格が付いてるから大丈夫だと思うと査定無しになっちゃう可能性があります。

まとめ

部屋を片付けたい、不用品をフリマアプリで処分するのが疲れた、などのひとは是非Pollet(ポレット)のアプリを使ってみてほしいです。

アプリで登録が簡単、段ボール箱も送ってくれて、詰めたあと配送業者が取りに来てくれるので手軽、現金化も速いので時短ライフハッカーにはうってつけのサービスですよね。

今回は「モノチャージ」のサービスについて書きました。他の「金券・外貨チャージ」、「ポイントチャージ」についてはまたの機会に記事にしたいと思います。

まずは「モノチャージ」で要らないものを手軽に現金化してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました