日曜劇場『さよならマエストロ』のキャスト・相関図・あらすじ

エンタメ
スポンサーリンク

こんにちは、こみみに編集部のカルロスです。2024年1月放送開始のTBS日曜劇場は『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート』。西島秀俊さんと芦田愛菜さんが、父娘役で初共演です。

スポンサーリンク

ドラマの内容

20代の頃から海外で活動し、数々の有名オーケストラと共演してきた才能ある天才指揮者・夏目俊平(西島秀俊さん)。
5年前に起きた“ある事件”をきっかけに家族が俊平のもとを去り、俊平自身は音楽界から離れていた。

娘の響(芦田愛菜さん)は父親とは真逆で音楽を嫌い、市役所の職員という音楽の無い人生を送っていた。
響は、5年前の“ある事件”をきっかけに父と決別していた。

ある時、俊平の元妻の志帆(石田ゆり子さん)の推薦により、俊平は廃団寸前の市民オーケストラ「晴見フィルハーモニー」の指揮をすることになり、数十年ぶりに日本に帰国。
俊平と響の気まずい同居生活が始まる。

世界的天才指揮者だった俊平が、なぜ愛する音楽の世界から退くことになったのか。そして、5年ぶりの娘との再会。天才ゆえに娘の気持ちがわからない夏目が、父としてもう1度娘と向き合う中で、5年前から時間が止まってしまっていた“娘の人生”を少しずつ動かしていく。

また、俊平が来た「晴見フィルハーモニー」は、俊平にしかできないやり方で、個性豊かな団員たちの悩みを解決していきながら、オーケストラとしてもう一度立ち上がっていこうとする。

「アパッシオナート」って?

副題にある「アパッシオナート」とは、クラシック音楽で使われるイタリア語で、「情熱的に」、「激情的」にという意味です。

このドラマの内容が、「挫折している人たちが、情熱をもう一度取り戻す物語」ということで、この副題がついたんでしょうね。

家族と音楽を失った俊平と、音楽を嫌う響が、どうアパッシオナート(情熱的)に親子の絆を取り戻していくのか、物語の展開が楽しみです。

キャスト

夏目家

夏目俊平(なつめ・しゅんぺい)/西島秀俊
元指揮者。音楽以外の能力はゼロで家事は何一つできないポンコツ。超マイペースかつ天然。
5年前に起きたある事件をきっかけに指揮者を辞め、一人ウィーンで過ごしていたが、志帆から子供の面倒を見るように言われ帰国。
晴見フィルの指揮者を依頼され、最初は断っていたが、団員の音楽への思いを知り、海の一言もあって晴見フィルの指揮者になる。

夏目響(なつめ・ひびき)/芦田愛菜
俊平の娘、晴見市役所の職員。元ヴァイオリン奏者で、コンクールを抜け出した際に交通事故に遭い、それ以降音楽を辞める。

史帆(しほ)/石田ゆり子
俊平と別居中の妻で、響・海の母。画家
俊平と響を交わらせるために、フランスに行くと俊平に嘘をつく。

夏目海(なつめ・うみ)/大西利空 
俊平の息子。フランス生まれの帰国子女で高校2年生。

晴見フィルハーモニー関係

古谷悟史(ふるや・さとし)/玉山鉄二
晴見フィル団長、ファゴット奏者。晴見市役所観光課の職員

近藤益夫(こんどう・ますお)/津田寛治
晴見フィルのコンサートマスター、バイオリン奏者。建設会社の社長。

倉科瑠季(くらしな・るり)/新木優子
フルート奏者。スキャンダルが後を絶たず、あらゆる楽団からお払い箱にされている。晴見フィルから何度も誘われていた。これまでは入団を断り続けていたが、俊平と出会い晴見フィルに参加する。

森大輝(もり・だいき)/宮沢氷魚
トランペット奏者。晴見市役所観光課の職員。

内村菜々(うちむら・なな)/久間田琳加
晴見フィルのティンパニ奏者、大学生。晴見フィルの中でも真面目で人一倍練習熱心だが、高校時代からのトラウマで、自信を持って演奏ができない。

羽野蓮(はの・れん)/佐藤緋美
クラシックを諦めたチェリスト。幼い頃からクラシックの才能に恵まれ周囲の期待を背負ってきたが、ある事情から音楽から離れ、配送の仕事をしていた。
俊平らからの誘いを最初は断ったが、俊平とアンサンブルをすることで、考えが変わり晴見フィルに入団する。


谷崎天音(たにざき あまね)/當真あみ 
明るい天然キャラの高校2年生。晴見フィルの演奏会で聞いた「運命」に感動して、入団を希望。
指揮者を希望するが、俊平から演奏したい楽器を考えるように言われて、バイオリンに決める。
指揮者見習いとして入団。

晴見市役所関係

白石一生(しらいし・いっせい)/淵上泰史
晴見市長。前市長が建てた晴見市あおぞら文化ホールの売却を考えている。音楽はお金にならないものだと断言し、俊平と真っ向から対立していく。

課長/芝大輔(モグライダー)
晴見市役所総務課の課長で響の上司。響に異動を伝える。

滝田(たきた)/山本圭祐
晴見市役所文化振興課の課長。晴見市長・白石の右腕的存在。

周辺人物

小村二郎(こむら・じろう)/西田敏行 
「うたカフェ二郎」の店主、晴美フィルの最古参で、大輝の祖父

鏑木晃一(かぶらぎ・こういち)/満島真之介 
俊平がウィーンで指揮者をしていた時のマネージャーで、俊平が指揮を再開したことを知って帰国。
俊平の5年前の”ある事件”を知っている。

近藤 洋子(こんどう・ようこ)/LiLiCo
晴見フィルのコンサートマスター・近藤益夫の妻。
夫のオーケストラ活動には興味がなく、益夫にとっては家では頭が上がらない存在

近藤 心(こんどう・こころ)/おじゃす
近藤益夫・洋子夫負の娘。

柳亭 小痴楽(りゅうてい・こちらく)/柳亭小痴楽
響が執心している落語家。本人役で出演。

富子(とみこ)/白石加代子
響の移動先であるコンサートホール事務局を訪れるおばあちゃん。

日オケ団長/藤巻直哉
日本アンサンブルオーケストラの団長。試用期間を終えた瑠季に、「オケの調和を乱す」として契約しないことを伝える。

羽野 鉄雄(はの・てつお)
羽野蓮の父親で、羽野硝子を経営。
蓮の音楽活動を快く思っていない。

森 笑子(もり・えみこ)/竹内都子
大輝の母、小村二郎の娘。
夫婦で農業を営んでおり、月に1回開催される朝市「はるみマルシェ」で野菜の直売をしている。

ロケ芸人/忘れる。
テレビのロケを行う芸人。
道の駅・はるみで俊平にインタビューする。

古谷 太郎(ふるや・たろう)/不破万作
古谷悟史(団長)の父、ヘアーサロン・フィガロの店主。

相関図

引用元:さよならマエストロ 公式サイト

主題歌はアイナ・ジ・エンドさんの『宝者』(1/13追記)

ドラマの主題歌は、アイナ・ジ・エンドさんの『宝者』です。

「宝者」は、アイナ・ジ・エンドさんが作詞作曲、河野圭が編曲を担当しています。温かい雰囲気のなかにあるどこか切ない表現が、ドラマとマッチしたミドルバラードになっています。

『宝者』は、1月13日公開のSPダイジェストでが解禁されました。

TBS公式 YouTuboo

「宝者」は1月15日からTikTok、Instagramで先行配信され、2月5日より各ストリーミングサービスにて配信されます。

さいごに

今回は2024年1月から放送が開始されるTBS日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート』についてお伝えしました。放送が開始されたらドラマで流れたクラシックやドラマの内容についてお伝えできればと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました